2017年11月24日

[TOPICS] 3周年のごあいさつ


もっと楽しく!もっとカラフルに!

もっと自由に!もっとハッピーに!

みなさんが自分と向き合う時間にもっと彩りとハッピーを届けたい、そして変わろうと努力するすべての女性たちを応援したい。そんな思いからリンダワークスが始まりました。


立ち上げ当初はこんなに派手なヨガウェアが日本のみなさんに受け入れられるのか、不安でいっぱいでした。

最初の1枚が売れた日の感動を今でもはっきりと覚えています。


リンダワークスがブランド設立3周年を迎える事ができたのも、支えてくださるおひとりおひとりのお客様、お取引先様、スタッフのみんな、関係者のみなさまのおかげです。心の底からありがとうございます。



地球の裏側、ブラジルのリオデジャネイロで、たった8人のお針子さん達の手しごとから生み出されるリンダワークス。


南米の突き抜けるような青空、エネルギーたっぷりの太陽が降り注ぐリオのマニュファクチャー。

明るい笑顔、みんなの笑い声。

ウェア作りが大好きな、現地のお針子さん達。

日本のお客様を幸せにするのはもちろん、ブラジルのみんなが笑顔で楽しく仕事ができる環境を維持していくのも私たちの仕事だと考えています。


リンダワークスでは生産者から商品を適正な価格で購入し、生産者の労働環境を守り向上させることを生産者に約束しています。


大量生産ができる大きな工場と違い、リンダワークスのマニュファクトリーはひとつのファミリーが運営している小さな工場です。

最先端のミシンや機械がありません。

そのほとんどの工程を手作業に頼っているため、リンダワークスの商品はたくさんの数を作る事ができません。


モノに溢れたこの時代だからこそ、「たくさん作ってたくさん売る」という事以外に大切な事があるんじゃないか。

性能の良い機械で作ったみたいに、完璧に同じ商品を何千何万と作ることはできないが、たくさん作れないからこそ、お客様が手に取る商品ひとつひとつに作り手の想いが乗り、ストーリーが生まれると信じています。


リンダワークスの商品に採用されているファブリックは「土に還る」環境化学繊維で、土に還して100%自然に循環させることができる繊維です。

また、このファブリックを生産する過程においても、使用した水を循環させ再利用したり、温室効果ガスを抑えるなど、環境に配慮したものづくりに努めています。


ひとつひとつの商品づくりに真心を込めて。

お客様に届くまでの全ての行程を大切に、その意味を考えながら。

そして商品を手に取ったお客様は少しの時間でも地球の裏側に住む人たちとの繋がりを感じ、お互いの幸せを願い、そしてその商品を大事にしてくれると信じて。


これからもリンダワークスはお客様もスタッフも笑顔になれるブランド作り、商品作り、お店作りを続けていきます。


2017年11月24日

リンダワークス 代表 平原麻由


  • リンダワークスについて
  • レビュー
  • よくある質問