2016年4月24日

[TOPICS] プリントそれぞれの個性

リンダワークスを愛用してくださっているみなさま、いつもありがとうございます。

何度かリンダワークスでお買い物をした事がある方にはお分かりかもしれませんが、リンダワークスのレギンス・ブラトップには柄によって「個性」があります。

今日はその「個性」について詳しくご説明しようと思います。



プリント


染料によって若干変わる肌触りやフィット感


リンダワークスのレギンス・ブラトップには柄によって「手触り(肌触り)」「フィット感」「着心地」などに若干の違いがあります。

それはリンダワークスのカラフルなプリントを生み出すために使われている「染料」に関係してきます。

元々の素材に染料を使って色やプリントを仕上げていくのですが、どの染料をどのくらい使うかによって各プリントごとに手触りやフィット感に違いが生まれます。これが、プリントによって異なる「個性」です。

たとえば、すごく柔らかくしっとりと出来上がったプリントは、生地がソフトな分、若干ゆるめのフィット感になります。

上記のソフトな生地より少し張りのある質感に仕上がったプリントは、フィット感も少し強めになります。

また今月から販売をスタートしているソリッドレギンス(無地レギンス)は、染料を使用していないため、少し光沢がありしっとりと柔らかく、他のプリントレギンスより若干ゆるめのフィット感です。



リンダワークスの商品としての基準があります


リンダワークスのウェアは華やかなプリントだけではなく、その柔らかくて締め付け感の無い着心地や、肌触りの良さ、高いストレッチ性を気に入った、たくさんのみなさんに愛用いただいております。

ですので、リンダワークスで取り扱っているウェアには一定の基準をもうけており、この基準に満たない商品は販売されることはありません。

リンダワークスのすべてのレギンス・ブラトップが柔らかく締め付け感のない着心地で、肌触りが良く、高いストレッチ性を持っている事に変わりはありませんのでご安心ください。

今回、プリントによってそれぞれの個性がある事をご説明することで、みなさんに商品についてよりご理解いただければと思っています。





手作業による誤差


お客様に時々ご相談をいただくのが、「この間買ったレギンスより、今回買ったレギンスのほうが丈が長い。」など、商品ごとの違いです。

ブラジルの生産工場は、大規模で何百人も働いているようなところではなく、20人弱の小さな工場です。

設備も最新のものが揃っているわけではないので、生地の裁断など大部分の行程を人の手による手作業で行っております。

ストレッチ性の高い生地を人の手によって裁断・縫製しているため、それぞれの商品によって長さなどに若干の誤差が出てきてしまいます。

リンダワークスでは、基準のサイズ(例えばレギンスMサイズだと平置きで【 ウェスト:約54cm 着丈:約86cm 股下丈:約67cm 裾幅:約11cm】)をもうけ、この基準サイズより一定以上の誤差が出ている場合、その商品は販売をしない事としております。

基準サイズにより近い商品に仕上がるように、ブラジルの生産工場と日々努力を続けておりますが、若干の個体差が出てしまうことを、お客様にはご了承いただけますようお願いいたします。

商品受け取り後、この個体差について何か気になる点などございましたら、いつでもご連絡ください。しっかりとご対応させていただきます。


リンダワークス お問合せ先

TEL:050-5278-0966

E-mail:info@lindaworks.net



  • リンダワークスについて
  • レビュー
  • よくある質問